トイレの水漏れは修理業者に点検依頼

トイレで水漏れなどのトラブルがあったら、すぐに何らかの処置を施さなければいけません。そのままの状態にしておくと、そのトラブルの原因がどんどんとひどくなっていき、最終的には丸ごとトイレの交換という事態になる可能性もあります。

■自分で修理できるトラブル

比較的軽いものであれば、トイレの水漏れ修理は自分で行えます。例えば、給水管からの水漏れなどは、継ぎ目の部分を閉め直したり、あるいはパッキンを交換すれば、かなりの確率で水漏れが止まります。
ただ、それでも水漏れが止まらないこともありますし、一箇所が漏れているということは、他の箇所も劣化が起こっている可能性があります。つまり、水漏れがあれば、点検の意味でも一度、修理業者に見てもらうのがいいでしょう。

■最初から業者に依頼する場合

簡単なものであれば、トイレの水漏れは自分で修理できます。しかし、おおがかりになる箇所は、専門の知識と道具が必要となりますので、修理業者に依頼するほうが確実です。
便器からの水漏れなどは、便器そのものを外す必要がありますので、こうなるともはや自分の手で修理は難しいです。また、定期的に修理業者にトイレの点検をしてもらうのもいいでしょう。思わぬところにトラブルの原因が隠れていることもあります。

■まとめ
トイレに入り、異臭がしたり床が濡れていると感じたら、それは大きなトラブルの前兆と捉えてください。トラブルは小さな時点で対処することが重要です。そのままにしておくと、手に負えない状況に陥ることもあります。
ただ、トイレの部品は劣化していくものですので、数年に一度くらいは専門の修理業者に点検してもらってください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ