トイレの水漏れの原因は給水管から

家の中で、最もよく使う場所は、実はトイレです。普段は何気なく使っているこのトイレですが、いつも正常な状態であるとは限りません。いつ、トイレのトラブルに見舞われるか分からないのです。そしてそのトラブルの代表的なものの一つとして、トイレ 水漏れがあります。

■水漏れの原因

トイレの水漏れの箇所としては、まずは給水管があります。トイレに入った時、床が濡れていたりする場合は、水漏れが起こっていることが考えられます。少し床が濡れているくらいであれば、ほとんどの場合、あまり気にせずそのままにしておくことがありますが、このちょっとしたことが、大きなトラブルに繋がりますので、少しでも異変を感じたらやはり原因を探したほうがいいでしょう。

■自分で修理はできるのか

給水管の修理は、まず止水栓を閉めることから始めます。マイナスドライバーなどでしっかりと締め、便器への給水を止めます。その後、温水洗浄便座があれば、そこへ繋がる部分の分岐水栓も締めてください。
そして給水管ですが、これは止水栓からタンクへと伸びる管のことで、トラブルのほとんどはパッキンの劣化によるものです。つまり、この給水管を取り外し、パッキンを交換すれば、ほとんどの場合、トラブルは治まるのです。ただ、それでも水漏れが続くのなら、業者に見てもらうといいでしょう。

■まとめ
トイレのトラブルでよく起こるのがこの水漏れです。しかし、原因は意外と単純なものですので、工具と部品さえあれば自分で修理できるレベルもあります。ただ、どうしても直らない場合は、トラブルがひどくなる前に専門の業者に依頼するほうがいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ