トイレの洗面台からの水漏れ

トイレの水漏れは、早期発見が重要となります。何となくおかしいなと思ったら、その時がトラブルの始まりとなるからです。このおかしいなと思う例として、トイレの洗面台からの水漏れがあります。洗面台近くの床が濡れていたりすれば、やはり洗面台からの水漏れを考えなければいけません。

■水漏れはどこから

水漏れを発見したら、まずはどこから漏れているのかを探してください。考えられる箇所としては、排水口や蛇口くらいなものですので、じっくりと観察して、その部分を発見しましょう。通常は、じんわりと水がにじみ出るくらいのものですので、発見しにくいかもしれませんが、乾いた布巾などで拭きながら行うと発見しやすいです。
ただ、症状がまだ軽いと思っていると、いきなり大きなトラブルとなることもありますので、まだひどくない状態のときにしっかりと対処することが大切です。

■蛇口付近の水漏れは専門業者へ

洗面台の水漏れの原因としては、これも多くの場合、パッキンの劣化が挙げられます。特に排水管の継ぎ目から漏れることが多いので、この部分を外し、パッキンを交換すると直ることがほとんどです。
またそれ以外に蛇口や金属が腐食していて、そこから漏れているような場合は、自分で直すには少し難易度が高いので、すぐに専門の修理業者に見てもらい、まずは見積もりを出してもらいましょう。

■まとめ
トイレの洗面台はあまり気にしない部分かもしれません。しかし水のトラブルはそういったところからも起こり得るものなのです。床が濡れていたり、異音がしたり、洗面台を使っていないのに濡れていたりする場合は、水漏れを疑ってください。早期発見、早期対処が重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ